シュタイナー教育を実践する幼稚園です

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > 一日の生活


毎日、こんな風に過ごしています。

朝、登園すると「今日はお医者さんになろう。」「昨日の続きをしよう。」などと言いながら、

保育室での遊びが始まります。

保育者の傍らで手仕事を見ている子、今日のお味噌汁の野菜を洗うのを手伝う子、とそれぞれです。

たっぷり遊んだ後は、片づけ、お茶の時間、それからライゲンをします。

そして、食事の時間まで外遊びとなります。季節を感じながら、

散歩・鬼ごっこ・わらべうた遊び等をして遊んでいます。

子どもたちが楽しみなお昼の時間。みんなで食べるごはんはおいしい!

食事の後は、にじみ絵・みつろう粘土・オイリュトミーなど曜日ごとのテーマ活動をします。

それから、お話を聞いてから「さようなら」をします。

子ども達は呼吸をするように、毎日同じリズムを繰り返すことで心や身体が健やかに成長していきます。

これに、1年を通して誕生会や四季の行事があります。