シュタイナー教育を実践する幼稚園です

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > かぜっこ

2018年度 未就園児クラス 『かぜっこ』
参加者募集中 




緑に囲まれた「ゆめの木ぼっち」の園舎で、
穏やかな時間を親子で過ごしてみませんか?
シュタイナー教育に興味がある方、
ゆったりと親子の時間を過ごしたい方、
子ども時代を子どもらしく、
ゆっくりありのままに成長してほしいとお考えの方をお待ちしています。

「ゆめの木ぼっち」では、子どもを取り巻く環境や生活のリズムを大切にします。
それらは子どもの身体や意志を育てます。

『かぜっこ』は2017年度より月2〜4回となります。
一定の内容を一定のリズムで繰り返すことで
お子さんの中に穏やかなリズムが育まれていくのを体感できるでしょう。

『かぜっこ』ではこんなことをします


若葉が芽生え、葉を広げ、大きくなってゆき、熟し、紅葉し、大地へかえる・・・
子どもたちも自然そのもの。
一定のリズムは、子どもたちに安心感と満足感を与え、
子ども達の身体を健やかにします。
『かぜっこ』ではリズムとくり返しを大切に、以下の内容を年間を通して行います。

にじみ絵

水で濡らした画用紙に、自由に色を重ねていきます。
絵を形として描くのではなく、色彩そのものを体験します。

手仕事

羊毛ボールや積み木、フエルト、ローソク、おやつ等を
子ども達が遊ぶかたわらで作ります。
大人は手仕事を通して、子どもたちに、世の中の営みを愛に満ちた態度で
示していきます。そして子どもは「遊び」の中で、大人の模倣をします。

わらべうた

幼い子どもの夢見心地の世界には、いつでも、その子だけの「うた」が流れている
といいます。CD等の機会音ではなく、その「うた」に寄り添うように
優しく一緒に歌い、遊びます。

お散歩

室内遊びを十分した後は、外に出て、心も身体も解放します。
ぼっちの周りには、自然がいっぱい!木の実を拾ったり、虫さんたちに出会ったり
お山へ行って、四季を感じましょう。

おはなし

保育者の「おはなし」を耳で聞き、自分でそのイメージを心の中に作っていきます。
子どもの想像力を大切にしたいので、絵本や紙芝居で絵を見せることはしません。

オイリュトミー 全4回

幼児のオイリュトミーでは、先生が静かに語るお話の世界を、模倣を通じて身体で体験します。
昔話、季節を感じるお話を体全体で動くことで、子どもに本来備わっている成長の力を促し、健全な発達を助けます。
10月「秋のみのり」/ 12月「クリスマス」/ 1月「新年」/ 3月「もうすぐ春」

〜当オイリュトミストより〜
物語の中で、小さな小人になってちょこちょこ歩いたり、大きなくまになってノッシノッシ歩いたり。
楽しいファンタジーの中で、生きている本当の言葉を身体に響かせて、生き生きとしたリズムを体験して行きましょう。

かぜっこ担当の先生より

緑の風がそよぐ、心地よい環境の中で過ごす時間。
かぜっこに参加している子どもたちは、スポンジの如くたくさんのことを吸収していきます。
その姿に新鮮さを覚えます。
その歳にしかできないこと。
その歳にしか感じられないこと。
その一瞬一瞬を大事に過ごす子どもたちの目は、キラキラ輝いています。
その姿を見ている私も新鮮な気持ちになり元気を頂いています。

《 募 集 要 項 》

定員・対象

親子6組(先着順)
2018年4月時点で、満2歳のお子さん

日程 (いずれも月曜日)

2018年5月〜2019年3月の基本的に月曜日 全30回

  • 2018年
    • 5月7日 14日 21日 28日
      6月4日 11日 18日
      7月2日 9日
      9月3日 10日 18日(火)
      10月1日 15日 22日 29日
      11月5日 12日 19日 26日
      12月3日 10日
  • 2019年
    • 1月15日(火) 21日 28日
      2月 4日 18日 25日
      3月 4日 11日

時間

10:00〜11:30

入会金

10,000円 ご入園された方は入園金より10,000円ご返金いたします。

参加費

1ヶ月6,000円(手仕事材料費込み)

  • *一括払いの場合は、55,000円に値引きいたします。(欠席や途中退会などの場合は、参加費の払い戻しはできかねます。ご了承ください。)
  • *基本的には毎月の月謝制です。通年でのご参加が前提となりますが、途中からのご参加も承っております。

保育の内容

にじみ絵〜お茶〜わらべうた〜外遊び(散歩・砂場遊び)〜おはなし
オイリュトミー(全4回)

お申し込み/お問い合わせ:ゆめの木ぼっち

 TEL/FAX 042-773-1302
 Email mirai@yumenokibocchi.com

☆以下の内容をお知らせ下さい☆
①保護者氏名
②お子さんのお名前
③お子さんの生年月日
④住所
⑤電話番号

保育時間中は電話に出ることができません。
なるべくFAXまたはメールでお申し込み下さい。
お電話でお申し込みの方は、恐れ入りますが留守番電話にメッセージお願いします。
夏休み中は、お返事が遅れる場合がございますがご了承ください。

過去の参加者の声


私は、秋からの参加でしたので全部で6回通いました。
まずお部屋に入ると、にじみ絵の用意がされており、子どもはすぐにとりかかります。絵の具で絵を描き作品を作ることが目的ではなく、絵の具を画用紙に広げていく「工程」が、砂遊び等をしている時のような遊びの感覚として大事なんだと聞き、親は子どもの横で見守ります。手しごとでは、大人が丁寧に物を扱い、物づくりに夢中になります。そんな姿を観て、子どもはきっと感じることがあるのだろうと思いました。そして、お山のお散歩。静と動のバランスが大切にされています。
月に一度、時間はたったの2時間ですが、とても満たされた時間を親子で過ごすことが出来ました。子どもにとって、かけがえのない体験だったことはもちろんですが、親にとっても、子どもの生み出すにじみ絵の美しさや、先生のゆったりと落ち着いた声で聴く歌やおはなしに、育児に悩んでいた私の心も癒やされていく時間でもありました。
(2015年ご参加 Nさま)

「ゆめの木ぼっち」とは??


「ゆめの木ぼっち」は、子どもたちのありのままの姿を受けとめ、
子ども自身が体験を通して心身ともに健やかに育っていくことを願う大人たちによる
「NPO法人みらいの会」が、運営しています。

ゆめの木ぼっちでは、ルドルフ・シュタイナー(オーストリアの思想家)の教育理念に基づいて
保育をしています。
0〜7歳は、身体をつくる最も大事な時期です。
幼児期の特質と健全な身体をつくるために、以下のことを基本に保育しています。

〜子どもの生活リズムを大切にしています〜
1日のリズム・1週間のリズム・季節のリズムをくり返し行う保育しています。
リズムとくり返しは、健全な身体を作り、子ども達に安心と信頼を育てます。

〜真似して育つ〜
大人が良い手本を示し、子どもが模倣できる環境と
その中で安心して遊べる場所を大切にしています。

〜感覚を体験する〜
おもちゃは木や布、石、羊毛など自然素材で作った簡単な形の人形などです。
子ども自身が持っている想像力がかきたてられるように、環境を整えています。
外遊びでは、四季が感じられるような場所で遊びます。

〜異年齢のふれあいを大切にしています〜
兄弟姉妹のような関係のできる縦割り保育をしています。

〜家庭的な雰囲気の中で食事をしています〜
保育室で調理することによって、においや音を直接感じ、食べるという欲求や
楽しみが持てるようにしています。

〜「知的教育」は行っていません〜
0〜7歳の子どものエネルギーは、身体を作るために向けられています。
知的教育は、その妨げになりますので行っていません。


園舎をご覧になりたい方、さらに詳しい説明をお聞きになりたい方は、
 随時ご案内いたしますので、ご予約ください。